税理士さんや方、!

無知なので税理士さんや詳しい、是非知恵を与えて下さい こんな所で聞く話ではありません

HOME >相続の件などで >税理士さんや方、

今年の6月末に父(76歳)が闘病の末、転移性肝癌で胃がん手術から3年4ヶ月で亡くなりました ご心労お察しいたしますお考えのとおりお母様の症状では心療内科に通院しカウンセリングを受けたが良いと思いますご存知かとも思いますが配偶者の死はストレスの中でも入りますそれがあらわれているでしょうその悲嘆は「喪の作業」なんてきれいな言葉でくくられてしまいがちですが家族でどうにかしてあげられるレベルではないように思えますご本人が嫌がるなら仕方がありませんがおそらく夜も眠れていないと思うので夜きちんと眠るためにいこう、というと同意してくださるようです治療の開始はなるべく早いがよいですこんなやさしいお嬢様がいて、お母様がうらやましいです1日もはやく気持ちが和らぐようお祈りしています

老人ホームに入って以来、祖母に金銭の自由はほぼありませんでした 親の財産の相続権は子供(非嫡出子は除く)は平等というが法律上の考えなので、貴方の母とおじで遺産相続額に相違があるは有り得ません

上記内容を勉強するには、どのジャンルの本を読めばよいですか?こちらのサイトで調べた限り、資産管理会社を創立するなど、何かすると節税になるようなはわかったですが、上記の内容を母が言うですが、普通に考えて意味が良くわかりません 「次期社長になる息子へ生前贈与ならば非課税というは本当ですか?」非課税ではなく、納税猶予です