マンション経営のリスクについて

投資などにはマンション経営というものがあります。

マンション経営は、マンションを丸ごと購入したり、一室を購入してその部屋を第三者に貸し出して、毎月固定の収入を得るというものになるのですが、住人が住んでいるときであれば、毎月一定の収入を見込めるわけですが、住人が居なくて部屋が空き状態になるとその収入は毎月ゼロとなってしまうリクスを持ちます。

また、マンションを丸ごと購入している場合は、そのリスクが何倍にもなるのです。

マンションを丸ごと購入するようなマンション経営をする人は投資家の中でもお金を沢山持っている人になるわけですが、もし部屋の空きが殆ど無く毎月固定の収入が見込めるのであれば、何もしなくてもお金が手に入るというイメージがあります。

しかし、部屋の数が多くなればなるほど、空き部屋になる可能性と言う物が大きくなります。

空き部屋が1つでも出来てしまえば、それだけ毎月の収入が減額してしまうのでリスクとしては大きなものとなるわけです。

マンションを丸ごと購入して、部屋の利益を得るマンション経営の場合、税金などに対してはどのようなものなるのでしょうか。

マンション経営をする場合の収入は全て所得税として換算されるわけですが、これ以外にも自分のマンションでもあるため固定資産税というものについても毎年支払う事になるのではないでしょうか。

そう考えて見ると、マンション経営はいかに税金がかかるものであるのかがわかります。

これは、マンション一部屋だけの投資でも税金は掛かるわけです。

Leave a comment